DIY 大阪ジンフェア OSAKA ZINE FAIR #3

問い合わせ!   アバウト!    5月19日 ワークショップ!!   スケジュール!    ジンスターのテーブル募集!    アクセス!    "My Zine Story": 相談会のアーカイブ    アーカイブ!    

2012年5月19日(土) ☆ Zine trade/sale, workshops, open mic, and hearty exchange. ☆ Held at FLOAT, Osaka, Japan

相談会:「マイ・ジン・ストーリー」DISCUSSION: “My Zine Story” (アーカイブ)

10月2日にジンの交換・販売時間が終わってから、午後6時からFLOATの2階にジンについてのディスカッションをやりました。

グループで下記の質問をはじめ、自分のジン経験や今の日本のジン状況について色んな意見や話を聞きました。ジンの魅力は?なぜ「ジン」や似ているものはありますか?どうして特に現在日本に流行っていますか?などの質問を一緒に考えたりしゃべったり答えたりしていました。

  • どうやって最初にジンに興味を持つようになりましたか。いつでしたか。誰かが紹介してくれましたか。
  • どうしてジンを初めて読んだり作ったりしましたか。
  • どんなジンに興味がありますか。
  • どんなジンを作りますか。
  • 誰かに「ジンって何ですか」と聞かれたら、どんな説明しますか。
  • ジンは行動主義と関係はありますか。関係あると思ったら、どんな関係ですか。関係ないと思ったら、なぜでしょうか。
  • インターネットはジンにどんな影響がありますか。
  • 出版社やリトルプレスが与えなくてその代わりにジンが社会に与えられることは何でしょうか。
  • ジンを作っているとき(又は読んでいるとき)、ジンの外見/デザインについて、どんなことが大切だと思いますか。
  • 最近は「ジン・ブーム」あると思いますか。
  • ジンを作ったら、たくさんお金をかかったり宣伝をするジンは「ジン」と呼べますか。
  • これから日本でジンはどんなふうになってほしいですか。

***

What attracts people to zines, why do they exist, and why have they become popular in Japan recently?  These are just some of the questions we talked about at the Osaka Zine Fair last October. 

Inspired partly by our (Team Havin Fun’s) own experiences, as well as the topics raised in Alison Piepmeier’s Girl Zines: Making Media, Doing Feminism, we tried to talk about the place of zines and zine culture, in Japan and abroad, and what it means for people to continue wanting to make zines, even when they seem outmoded by recent technology. 

Questions included:

  • Why did you first start making/reading zines?
  • What kind of zines do you make/read?
  • How do you describe your work?
  • How do you describe what a “zine” is to people who have never heard of it before?
  • Do you think of zines as a form of activism? How can they be used to initiate change?  Are they effective (as opposed to demonstrations, protests, etc)?
  • How has/will internet technology affect the production of zines?
  • What do zines offer that traditional publishing houses or small presses do not?
  • Is it important for zines to be “grungy” or is a smooth, clean look also important?
  • What is the future of zines in Japan, as opposed to abroad?  Why has there been a “zine boom” in Japan just in the last couple years?